So-net無料ブログ作成

ラット断頭特講 [大学生活]

さて、今日はラット屠殺の練習がありまして…。

 

断頭をやりました。実際に自分が断頭をやるのは今日が初めてでした。

←こういう感じの機械を使います。

いたって原始的な技で、ラットの首を突っ込んで、上からグサっとギロチンのように切断します。

←これがラットです。

麻酔もかけずに一瞬で首をグサっと切ります。

ラットは生き物ですから断頭行為自体に全く抵抗がないと言えば、嘘になりますが、その辺は実験ですので、割り切ってアッサリぐさっと。

 

ラットは自分の運命を知ってか、断頭の前にはかなり本気で暴れます。

「屍は生きる死なり」

屠殺を通し、しっかり実験・勉強させて頂きました。

 

 

夜は友達らと、いちやでもつ鍋でしたが、とても美味しかったです。

屠殺は屠殺、夕飯は夕飯です。

屠殺後でも肉が美味いことには変わりありません。

 

(PS) ということで、3回生の人が見ているかどうか分かりませんが、えーよー化学ではラットやマウスの実験は原則的に必須ですので、「動物はチョット…」という人はえーよー化学は避けた方が無難かもしれません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ショッピング

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。